研究 / Research

SIP

インフラ維持管理・更新・マネジメント技術

NII研究者が参画する開発項目:「インフラセンシングデータの統合的データマネジメント基盤」

研究代表者:NII副所長・コンテンツ科学研究系教授 安達淳

 実世界で機能する物理システム(フィジカル)と、多様なセンサーを通じて実世界から獲得したデータの蓄積、分析を行う情報システム(サイバー)が連携し、データ分析結果にもとづき実世界へのフィードバックを行うことで、社会システムやサービスの更なる効率化や新たな価値の創造につなげる社会規模の「サイバーフィジカル・システム(CPS)」の研究に、2011年から大学や産業界と連携しながら取り組んでいます。

 この研究成果を踏まえ、2014年より内閣府が推進するSIPの一課題である「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」に参画し、土木系研究者とも協調して、橋梁などのインフラに関するセンシングデータの統合的なマネジメント基盤の提供を通じて情報技術によるインフラ維持管理への具体的貢献を目指しています。

sip.png

注目コンテンツ / SPECIAL