研究 / Research

情報学プリンシプル研究系

市瀬 龍太郎
ICHISE Ryutaro
情報学プリンシプル研究系 准教授
学位:2000年 博士(工学) 東京工業大学
専門分野:知能情報
研究内容:http://researchmap.jp/ichise/
研究室WEB

サイエンスライターによる研究紹介

学習をコンピューターで実現する

人工知能への期待

 人間は「学習」という行為をごく自然に行っています。学習とは、あることをするとき、その事象から知識を見つけ、ときにはそうした個々の知識をまとめ、それを利用することで、次はもっとうまくできるようにすることです。けれども、この知的な活動をコンピューターにやらせるのは実は大変です。そこで私は、それを可能にする「人工知能」の技術開発に取り組んでいます。学習をコンピューターに実現させる。それがこの研究の目標であり、最も面白いところです。
 コンピューターはこれまで、大量のデータを記録することで、人間が扱う情報量を増やし、記憶を広げてきました。しかし、膨大な情報がネット上にあふれている現在、私たちには、もはやすべてを管理することができなくなっています。私は学習を鍵とする人工知能の研究を進めることで、人間に代わってコンピューターが、蓄積された大量のデータの中から必要な知識を取り出し、まとめあげ、利用もできるようにしていきたいのです。そうすることで、コンピューターが人間の記憶だけでなく、知識処理を必要とする思考をも広げていく。そんな世界を私はこの研究で切り開いています。

学習を実現する3つの技術

 人間は「学習」という行為をごく自然に行っています。学習とは、あることをするとき、その事象から知識を見つけ、ときにはそうした個々の知識をまとめ、それを利用することで、次はもっとうまくできるようにすることです。けれども、この知的な活動をコンピューターにやらせるのは実は大変です。そこで私は、それを可能にする「人工知能」の技術開発に取り組んでいます。学習をコンピューターに実現させる。それがこの研究の目標であり、最も面白いところです。  コンピューターはこれまで、大量のデータを記録することで、人間が扱う情報量を増やし、記憶を広げてきました。しかし、膨大な情報がネット上にあふれている現在、私たちには、もはやすべてを管理することができなくなっています。私は学習を鍵とする人工知能の研究を進めることで、人間に代わってコンピューターが、蓄積された大量のデータの中から必要な知識を取り出し、まとめあげ、利用もできるようにしていきたいのです。そうすることで、コンピューターが人間の記憶だけでなく、知識処理を必要とする思考をも広げていく。そんな世界を私はこの研究で切り開いています。

PDFをダウンロード


中村理

関連情報

注目コンテンツ / SPECIAL