イベント / EVENT

図書館総合展2011

図書館総合展運営委員会が主催する「第13回図書館総合展」は図書館に関わる様々な企業、関係者を集めて最新情報の提供と情報交換を目的とした総合展です。 当研究所もこの展示会に出展いたしますので、この機会にぜひ、ご来場くださるようお誘い申し上げます。

日 時

2011年11月9日(水)-11日(金)

会 場

パシフィコ横浜 (横浜市西区みなとみらい1-1-1)展示ホール

NII出展内容
・CiNii  
・KAKEN
・機関リポジトリ  
・『学認』(Gakunin:学術認証フェデレーション)の参加相談コーナー

開催日時2011年11月9日(水)-11日(金)10:00-18:00会場展示ホールD

今回の出展では、CiNii(サイニィ)(NII論文情報ナビゲータhttp://ci.nii.ac.jp)等のコンテンツサービスのご紹介と『学認』(Gakunin:学術認証フェデレーション)の参加相談コーナー等を予定しています。

なお、二日目には、第2会場にてNII主催のフォーラムを3本開催します(合言葉は学認(GakuNin)!、学術コンテンツサービスのフロンティア -CiNii Booksの挑戦- 、学術コンテンツサービスの舞台裏 -基盤技術をめぐる国内外の取り組み- )。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

なお、フォーラムはUstreamで中継を行います。

Ustream http://www.ustream.tv/channel/niiLF2011

フォーラム
合言葉は学認(GakuNin)! -シボレス認証入門編と導入事例のご紹介-
開催日時2011年11月10日(木)10:30-12:00会場第2会場
講師国立情報学研究所(学術ネットワーク研究開発センター、学術基盤推進部) 学認参加機関(東邦大学、佐賀大学) 学認対応各ベンダー 他入場無料
レポート http://2011.libraryfair.jp/node/273
資料 初心者でも分かる学術認証システム
東邦大学における「学認」導入事例
佐賀大学におけるシングルサインオンに関する取り組み

いつでも、どこでも、便利に学術情報にアクセスできる認証の仕組みである「学認」(GakuNin)はすでに国内50以上の大学等が参画し、利用可能なEリソースも増えています。今年から大学以外の機関も利用申請も可能となり、さらなる拡大が期待されています。皆様の機関に置かれましても、この機会にぜひ参加をご検討下さい。

 今回のフォーラムでは、

・興味はあるが、シボレスや学認が何なのかよくわからない、

・どんなメリットがあるか知りたい、

・どんなベンダーが対応しているのか知りたい、

・国内大学の先行事例を知りたい、

・いろいろ質問してみたい、

といった皆様のニーズに応えるため、イントロダクションや事例紹介(東邦大学、佐賀大学を予定)を交えたフォーラムを予定しています。図書館関係、ベンダーの皆様を問わず、それ以外の方もぜひご来場下さり、ぜひ便利な世界を体感してみてください。

学術コンテンツサービスのフロンティア -CiNii Booksの挑戦-
開催日時2011年11月10日(木)13:00-14:30会場第2会場
講師大向一輝(学術コンテンツサービス研究開発センター准教授) 学術基盤推進部 他入場無料レポート http://2011.libraryfair.jp/node/274
資料 昨日までのCiNii / 阿蘓品 治夫 (NII 学術コンテンツ課)
きょうからのCiNii / 大向 一輝 (NII 学術コンテンツサービス研究開発センター准教授/学術コンテンツ課専門員)
Linked OpenData (LOD) のご紹介 / 加藤 文彦 (NII 特任研究員)
LODチャレンジ Japan フライヤー

日本の論文を探すなら、CiNii。

そして、図書館の資料を探すにも、CiNii。

CiNiiで、この冬新たな1ページが始まります。

今回のフォーラムでは、CiNii 7年間の軌跡を振り返るとともに、新たに誕生するCiNii Books(NACSIS-CAT登録資料の検索)、論文の全文検索機能など、新規にリリースする各種機能のデモンストレーションを予定しています。

図書館関係者、ベンダの皆様、研究者の皆様、その他CiNiiを愛する全ての方のご参加をお待ちしています。  

CiNii(サイニィ:NII論文情報ナビゲータ) http://ci.nii.ac.jp

学術コンテンツサービスの舞台裏 -基盤技術をめぐる国内外の取り組み-
開催日時2011年11月10日(木)15:30-17:00会場第2会場
講師武田英明(学術コンテンツサービス研究開発センター長・教授) 相澤彰子(コンテンツ科学研究系教授) 蔵川 圭 (学術コンテンツサービス研究開発センター准教授)
入場無料レポート http://2011.libraryfair.jp/node/275
資料 コネクトするNIIサービス (武田 英明)
1.研究者リゾルバーとJAIRO著者名検索 2.KAKENデータベースの機能拡張(蔵川 圭)
名寄せ~学術コンテンツへの適用~(相澤 彰子)
ORCID入門(武田 英明)

国立情報学研究所(NII)の学術コンテンツサービス研究開発センター(コンテンツセンター)は、次世代学術情報の提供サービスおよび流通基盤に関わる研究開発を行い、新しいサービス形態、新しいコンテンツ分野の開拓などを進めようとしています。

今回は、昨年のフォーラムで多くの方に好評を頂き、また多数のリクエストを頂いた「名寄せ」に再びスポットを当てたいと思います。名寄せの概論、研究者名寄せをはじめとする当センターの様々な取組みや海外の動向等をご紹介する予定です。

皆様のご来場をお待ちしています。

お問い合わせ
国立情報学研究所の出展内容に関して:
国立情報学研究所 企画推進本部広報普及チーム
mail kouhou@nii.ac.jp TEL03-4212-2131FAX03-4212-2150
図書館総合展に関して:
図書館総合展運営委員会事務局
URL http://2011.libraryfair.jp/
アーカイブ

第12回(2010) http://www.nii.ac.jp/event/libraryfair/2010/
第11回(2009) http://www.nii.ac.jp/event/libraryfair/2009/

2011-index page270

注目コンテンツ / SPECIAL